筋肉痛

ここでは、筋肉痛を和らげる方法についてご紹介していきます。
MENU

筋肉痛を和らげる最善の方法ベスト3

筋肉痛

 

急激な運動などの後でとても筋肉が硬直して翌日に筋肉痛などになってしまう経験のある人は多いのではないでしょうか。

 

若い時期の筋肉痛は治ることが多いものですが、年齢を重ねてからの筋肉痛はとても身体に強い苦痛をともなってしまうものです。

 

筋肉痛は主に乳酸などが蓄積されておこるもの、筋肉が損傷を受けて起こるものなどがあります。

 

それらの筋肉痛の諸症状をなるべくはやく直して和らげる方法をベスト3にして紹介したいと思います。

 

筋肉痛を和らげる最善の方法〜アイシング〜

 

ここでご紹介する方法はアイシングと呼ばれています。運動直後の際や傷みがとても激しいときには効果的です。

 

痛みを感じている患部を冷やすと血流がコントロールされ痛みを麻痺させてくれるのです。そして筋肉の炎症を防止する作用があります。

 

1〜2日ほどの期間を開けて1日20分ほど運動後にアイシングを行うことが理想的です。

 

筋肉痛を和らげる最善の方法〜軽い運動と温熱療法〜

 

痛みが少なくなってきたら腕や足などの痛みを感じていた部分を温めるのが効果的です。

 

この方法は温熱療法といわれています。一般的にはお風呂に入って温めます。

 

運動直後や痛みが強いときは逆効果となる場合があるので注意が必要です。体がだるいときや運動してから2〜3日跡が理想的です。

 

筋肉痛を直すためにも温め血流をよくすることで、蓄積された乳酸を外に出すことができるのです。

 

傷ついてしまった箇所を修復するためにも栄養を体全体に送り込み酸素など新陳代謝をよくするためにも効果的であるといわれます。

 

ぬるめのお湯の中で体のけんなどをほぐしたマッサージや、ストレッチなどもおすすめです。

 

ウォーキングや水中歩行などもおすすめです。ですが、心臓などが弱い方やお子さんなどはあらかじめ注意が必要なので気をつけましょう。

 

筋肉痛を和らげる最善の方法〜睡眠や良質の栄養を摂取する〜

 

一番効果的な方法が、良質な睡眠と栄養を摂取することだといえるでしょう。

 

睡眠中に筋肉が修復されることはもちろんですが大豆系などのサプリメントなどと合わせて栄養をとることが理想的といえます。

 

  • 肉、魚類、大豆、卵ゴマをはじめとしたタンパク質、レバーや牡蠣に含まれる亜鉛
  • ウナギやレバー、とうがらしなどをはじめとしたビタミンB1~B6
  • お酢、グレープフルーツ、レモンをはじめとした果物全般などに含まれているクエン酸

 

睡眠時間は約8時間ほどはほしいものです。筋肉痛を治すため、さまざまな湿布薬などが販売されているのでそちらを使用することもおすすめです。

 

そのなかでも近年話題となりつつあるものがアルニカエキスです。アルニカという植物からつくられるアルニカエキスは抗炎症、血行促進などにいたるまで多くの効果があります。

 

マッサージ業界ではこのアルニカオイルマッサージが人気です。ハーブのように香りによって安らぐリラックス効果もありこれによって一晩で痛みが取れたという体験談もあるほどです。ぜひとも効果的に取り入れてみましょう。

 

このように睡眠や栄養価の高い食事、入浴などの方法を取り入れてゆくことによって筋肉痛の回復を早めトレーニングや運動、仕事のパフォーマンスを高めてゆくことができます。

このページの先頭へ